必読!iPhone修理の前に

事故や災害で壊れたら?

iphoneが事故や災害で壊れたら?修理はどうなる?

事故や災害で壊れたら? iPhoneは些細な出来事では壊れない製品です。
ちょっと手が当たり、机から落下しても大抵の場合はほぼ無傷です。
端末の角などは傷が入ってしまいますが、逆に言えば些細な部分に傷が入るだけで済みます。
iPhoneは高性能なスマートフォンでありながら、防御力が高く、パソコンのHDDとは対照的に衝撃に強いです。
ただ、事故や自然災害に遭遇した時は例外です。
これはデジタル機器全般に該当する弱点であり、水や泥、そして人智を超えた激しいダメージを負った場合、iPhoneもまた故障します。
交通事故の被害を受けて故障した場合は、加害者に修理費用を請求する事が出来ます。
明らかに自分が被害者だった場合は弁護士などを通して請求を依頼しましょう。
ただ、一方で修理費が補償されるか微妙なのが自然災害です。
いわゆる犯人が居ないのが自然災害の難点であり、地震や洪水、台風等でスマートフォンが故障した際の補償は契約したキャリアによってピンきりです。
甚大な自然災害の場合は補償されるケースも多いですが、逆に小規模な大雨や局地的な竜巻などの被害は補填されない可能性が出てきます。

iphoneが壊れてしまったらどうやって修理に出す?

iphoneが壊れてしまったらどうやって修理に出す? iPhoneの故障を自分の力で直せるユーザーは居ません。
実のところ、電気や工学に詳しい理科系の男性でも近頃のスマートフォンは最新鋭のテクノロジーが使われているため、分解する事さえ出来ません。
また良かれと思って自分で修理を試みようと分解しても、それで直る可能性は限りなくゼロに近く、むしろ迂闊に分解した結果、それが原因で本当に買い替えが必要なレベルまで故障してしまう恐れが高いです。
そして、iPhoneはユーザーの手による分解を一切認めていませんので、勝手に分解すれば壊れてしまうリスク以外に、今後サポートやメンテナンスが受けられなくなるリスクが出てきます。
大事なiPhoneが壊れてしまった時は、パニックにならず冷静に行動しましょう。
身近な場所にアップルの公式店があれば、そちらに修理依頼が出せます。
また近場に公式店がなくても修理専門店があれば、同様のメンテナンスが受けられますので、代替案として十分OKです。
基本的に両者とも店舗に持ち込む形で修理に出す方式になります。
壊れてしまったiPhoneを携帯し、後は店舗にそのまま預けましょう。

Copyright © 必読!iPhone修理の前に all rights reserved.